読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山田露結ブログ

about Rockets Yamada

漬物石

俳句について僕がわかってることって何だろうって考えてみると実は何もわかっていなような気がしてなんだか愕然とするんだけど、まあいい、「何にもわからずに生きてきたけれど今でも何もわかっちゃいない」って何かの歌の文句にもあったじゃないか、と漬物石に不意に手を置く。あ、わかった。

 

理解することの涼しき漬物石  山田露結 

f:id:rockets8:20170524172945j:image

 

 

広告を非表示にする

俳句

‪俳句はいろんな人たちに囲まれている。

 

自分たちの囲んでいるものこそ俳句だと誰かが言う。するとその隣で俳句を囲んでいる人たちがそんなはずはないと言う。するとそのまた隣で俳句を囲んでる人たちが自分たちの囲んでいるものこれこそ俳句だと声をあげる...。


‪そのあいだ俳句はジッと黙っている。何もしない。ただジッと黙っている。‬


‪いじらしくて可愛い俳句。僕はそんな俳句のことを大切にしてあげたいと思う。‬

 

 

 

広告を非表示にする

囲む

人は何かを囲むんですよね。
火を囲んだり、テーブルを囲んだり、棺を囲んだり
...。

 

噴水を囲めばわかるわからない 山田露結

 

 

 

広告を非表示にする

まだすこし

先輩の葬儀で古い仲間と再会して、むかしヤンチャして連んでた悪友たちとの古い付き合いが復活したりして。うん。僕の人生のラストランはもうはじまってるぞと思う。

 

まだすこし辛いシャワーに目を瞑り   山田露結

 

 

 

家族と生きるって、なんですか。


「俳句新空間」で柳本々々さんが露結さんの句集「ホームスウィートホーム」について書いてくれてます。読んだあと少し泣きそうになった。

 

haiku-new-space03.blogspot.jp

《家族と生きるって、なんですか。》「続フシギな短詩115[山田露結さんと家族]/柳本々々」

ツイート