読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山田露結ブログ

about Rockets Yamada

俳句作品

雪に

もうこれでをはりにしやう雪に雪 山田露結

Blue & Lonesome

ブルー・アンド・ロンサム俳句世間に身を置いて 山田露結 Amazon CAPTCHA

洗濯機

あたたかや妻に架空の洗濯機 山田露結

初湯

家族皆で山田してゐる初湯かな 山田露結

懐手

本懐に沈めて父の懐手 山田露結

意味が

川は川を引き摺りながら冬暮るる 山田露結 憑依すべく潤目鰯をみつめをり 海鼠噛むそこから先は意味がない 保存

入れかはる

蝶蝶と蝶蝶結び入れかはる 山田露結 保存

風より

落葉となるべく風より剥がれけり 山田露結

忘れ

角川「俳句」1月号の特別座談会『今年、この俳人から目が離せない』に中内亮玄さんの名前があったので買ってみたら、亮玄さんが僕の名前を挙げてくれてる。おいおい! ついでに、角川「俳句年鑑」2017も買ってみました。 ここでも、岸本尚毅さんが四十代俳…

知らない

年守るや知らない人が増えてゆく 山田露結

裏露結

世代とふ雑駁なるが炎上す式神をオネェ言葉で罵りぬ火星人と民族臭を共有すクローネンバーグ監督による「部活動中止」擬人化を許さぬ姉とディズニー映画カワサキを脱出虎と漂流すおすすめの記憶は「二十歳ゆみこです」熱の目で丸刈画像見たりもす適量をヤマ…

2016 自選七句 山田露結

眼をあけて見る夢かなし初桜 水の輪のひろがりきつて蝌蚪に四肢 遠泳の夢より覚めて昼近き 子を叱る親となりけり夏の風邪 穴よりも大きな蛇が穴に入る つはぶきや瞼のひらく音のして 枯野が見えるシーソーが上がるとき

寒つばき

寒つばき問ひに答へるやうに落つ 山田露結

「御中」と書くたび

某俳句誌から原稿依頼が。 僕を忘れないでいてくれる人がいるのはうれしいことです。 「御中」と書くたび虫を思ひだす 山田露結 保存 保存

年末ですね

夢は枯野を少年少女合唱団 山田露結 hw02.blogspot.jp http://mojolovich.tumblr.com/post/100480508257/rockets-yamada-夢は枯野を少年少女合唱団山田露結-ホームスウィートホーム mojolovich.tumblr.com

山田露結句集「ホームスウィートホーム」

僕の句集「ホームスウィートホーム」。 発行元の邑書林にも僕のところにも在庫がないのであとはAmazonの中古品のページでしか手に入れることが出来ません。 ご興味のある方はどうぞよろしくお願いします。 → Amazon CAPTCHA ※表紙画は御中虫。裏悪水句集「悲…

あそぶ

にんげんのふりしてあそぶマントかな 山田露結

ならぬ

外してはならぬマスクと言はれけり 山田露結

どうしても

どうしても傾いでしまふ冬木の絵 山田露結 保存

ウィンウィン

ウィンウィンもルーズルーズも年の暮 山田露結

クリスマス

皮肉屋でさみしがり屋でクリスマス 山田露結 保存

ツレコミホテル

ツレコミホテル 山田露結 川からは遠いがリバーサイドベッドが廻る隣室の激しさうらがへす汗の背中シャワー一人づつ闇をゆくエアシューター 保存

気がして

死ぬような気がしています玉子酒 山田露結 youtu.be

なにもかも

過ぎし日やつはぶきのほかなにもかも 山田露結 保存

不在のピアノ

ピアニスト不在のピアノ冬あたたか 山田露結 youtu.be

大男

訛り合ふ冬帽のみな大男 山田露結 youtu.be

ものすごく

ものすごくしあはせだつた十二月 山田露結 youtu.be

「リフレイン」5句

リフレイン 山田露結 まつすぐでときどき曲がる冬の光 みな痩せてゐる人参も人間も 大根を煮込めば煮込むほど祈り 考える鯨考えない鯨 雪の日に聴くぬばたまのサム・クック youtu.be

自由律7句  November 24 2016

明日は雪

すぐに死ぬすぐに死なない明日は雪 山田露結

室内に

銀化11月号より 保存

銀化11月号

露結さんの句を取り上げてくれるなんて遠藤由樹子さんて、なんていい人なんでしょう。(「銀化」11月号より)

馬鈴薯食う

馬鈴薯食ふ日当たる顔と当たらぬ顔 山田露結

サワサワッサワサワッて

あのさ、東山魁夷はさ、モーツアルトを流しながら絵を描くんだって話を聞いてさ、「へぇ~」と思って、それでためしにモーツアルトを流しながら東山魁夷の画集を開いてみたんですよ。そしたらさ、とつぜん絵の中の森に静かに風が起こってさ、サワサワッサワ…

目線より視線

目線より視線が大事秋気澄む 山田露結

カトチャンペ

カトチャンペ待ちかね秋の風がふく 山田露結

コーリング・ユー

PCのデータを整理してたらこんなファイルが出て来たので貼り付けておきます。 数年前、俳句と短歌と自由詩を混ぜた作品の公募か何かに出したやつだと思います。 ↓クリックして拡大 クリックして拡大↑ 保存 保存

狼にも金原まさ子にも一度会つたきり 山田露結 保存

秋雨

秋雨が続くなかやまなな以降 山田露結

無月

山田さんこのごろ痩せてきて無月 山田露結

秋刀魚

頼まれぬ秋刀魚も買ひて帰りけり 山田露結

5句

『秋暮』山田露結 一人でにひらく便座や秋の声林檎としか思へぬ林檎落ちてくる喫煙所探しに天の川までゆくおしつこを我慢してゐる秋の雷愛知県西尾市一色町秋暮 保存 保存

むづかしき

むづかしき方へ流れてゆく鵜舟 山田露結

「とぅむるま」で とぅむるむ とぅむるめ とぅむるもう

俳句誌「里」最新号。小特集 『「とぅむるま」で とぅむるむ とぅむるめ とぅむるもう』に露結さんの「ウクレレと俳句と「とぅむるま」と幸せと感謝の冷やし中華」という記事が載ってます。舌かみそうです。 「里」の注文は邑書林まで→ http://youshorinshop…

どれみふあの

涼しさやどれみふあのふあの薬指 山田露結

ゲリラ豪雨

ゲリラ豪雨昔夕立世の中は 山田露結

いうれい

幽霊を見てきた人と飲むビール 山田露結

のめり込むタイプ

蝉時雨俳句にのめり込むタイプ 山田露結

死んだ人のことを

死んだ人のことを寄つてたかつて蝉時雨 山田露結

花火

秘宝館見てきし若き花火かな 山田露結