読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山田露結ブログ

about Rockets Yamada

誰でも簡単に

   誰でも簡単に    山田露結

               

 『俳句は何処へ行くのかⅠ』「俳句の表現について」という今回の特集タイトルから、ふと虚子のこんな言葉を思いました。

 

「俳句というものを一般文芸と思うととんだ間違いを起こす。文芸のうちでも最も特殊の文芸である。若い人は俳句というものにのみ接して、他の文芸を見ないので、俳句で何も彼も詠おうとする、出来ないことまでしようとする。それをするのには他の文芸による方がよいという其処の判別がつかないのである。」高浜虚子「俳談」より)

 

虚子の言う「文芸のうちでも最も特殊の文芸である。」とはどういうことなのでしょうか。俳句における「表現」について考えるとき、私はたびたびこの虚子の言葉を思い出し、この言葉が非常に重要な事柄を我々に伝えようとしているのではないかという気がして、一人悶々とするのです。  

個人的には「俳句は何処へ行くのか」などと聞かれたら、いやあ、そもそも俳句って何処にあるんでしょうかねと意地悪に聞き返したくなってしまうのでありますが、さて、俳句って、いったいどこにあるんでしょうかね。

町のカルチャースクールに行けば俳句を作る人たちが集まっています。そこには当然俳句があります。俳句結社には、やはり俳句を作る人たちが集まっています。そして結社誌にはそこに集まる人たちの俳句が掲載されています。また、俳句総合誌や新聞、インターネットの俳句関連サイトなどにも数多くの俳句が掲載されています。あるいは全国のあちらこちらで毎日のように句会が開かれていて、そこにも俳句があります。そういえば、コンビニで売っているお茶のペットボトルにも俳句が書かれてありますね。つまり、俳句はこの国のいたるところに存在していて、俳句に触れたいと思えばいつでもどこでも触れることが出来るものだと言えそうです。

俳句形式というのは定型の中へ言葉を放り込んでやるだけで、誰でも簡単に詩を手に入れることが出来る、言ってみればコンパクトなポエジー発生装置のようなものだと考えます。定型に放り込まれた言葉は途端に通常の意思伝達の手段としての機能とは別の働きをしはじめます。もちろん、定型であること以外にいろいろとテクニカルな問題はあるのでしょうが、とりあえず、私はこの「誰でも簡単に」というところがミソだと考えます。

有名な桑原武夫の「第二芸術」において俳句は『しいて芸術の名を要求するのならば、私は現代俳句を「第二芸術」と呼んで、他と区別するがよいと思う。』と、芸術であることを否定されてしまいましたが、私は本書をはじめて読んだ時、え?俳句って芸術だったの?そもそも誰かが「俳句は芸術だ」って主張したの?という感想を持ちました。この「第二芸術」に対しては多くの俳人たちが様々に反論を繰り広げたようですが、もしかしたら誰も言っていないことを勝手に否定されて、うまいこと土俵に上げられちゃったんじゃないのかなあという風にも思いました。

そんなわけで、私は、やれ表現だ、芸術だとか言って俳句について物々しく語ることは無粋なんじゃないかなあと思ったりするのです。俳句はもっとさりげないもの、軽やかなものであって欲しいと。

楽器を弾きこなすにはある程度の訓練が必要です。絵を描くのにも、あるいは長い文章を書くのにも同じことが言えると思うのです。いくら鋭い感性の持ち主でも、まったくピアノに触れたことのない人がある日突然、人を感動させるような演奏をするようなことはまずあり得ません。しかし、俳句についてはどうでしょう。学校の授業ではじめて俳句を習った子供がその場でとんでもない秀句を作ってしまうということは充分あり得ると思うのです。誰でも簡単に詩を手に入れることが出来るコンパクトなポエジー発生装置。俳句さえあれば、年寄りも子供も魚屋のおばちゃんも八百屋のおじちゃんも駐在さんも役所の職員も銀行員も学校の先生もお医者さんも政治家の先生も、日本語を知っている人であれば誰でも簡単に詩人になれるのです。俳句とはそういうものであって欲しいと私は思っています。

 

(2014年に自由律俳句誌「蘭鋳」に掲載してもらった記事です。)

 

 

http://rocketsyamada.web.fc2.com/