山田露結ブログ

about Rockets Yamada

ウクレレと俳句と「とぅむるま」と幸せと感謝の冷やし中華

ウクレレと俳句と「とぅむるま」と幸せと感謝の冷やし中華          

山田露結

 

 僕はこの頃、ウクレレを手に入れました。ウクレレはいいなあ。気楽で手軽で簡単で。ギターほど難しくないし。そもそもギターほど難しく弾く必要がない。海で弾くのもいい。友達の家に遊びに行って弾くのもいい。飲み屋で盛り上がりついでに弾くのもいい。ポロン、ポロン。気持ちいい。 

僕はこの頃、俳句を手に入れました。俳句はいいなあ。気楽で手軽で簡単で。詩ほど難しくないし。そもそも詩ほど難しく作る必要がない。海で作るのもいい。友達の家に遊びに行って作るのもいい。飲み屋で盛り上がりついでに作るのもいい。五七五、五七五。気持ちいい。

 僕はこの頃、「とぅむるま」という本を手に入れました。「とぅむるま」はいいなあ。気楽で手軽で簡単で。評論ほど難しくないし。そもそも評論ほど難しく読む必要がない。海で読むのもいい。友達の家に遊びに行って読むのもいい。飲み屋で盛り上がりついでに読むのもいい。「とぅむるま」、「とぅむるま」。気持ちいい。

 さて、「とぅむるま」にはいろんな俳人の作品にまじって山田露結さんの句が掲載されています。

 

 幸せの「冷やし中華をはじめました」   山田露結

 

 これを見た露結さんは「わーい」と喜びました。幸せはいいなあ。気楽で手軽で簡単で。不幸せほど難しくないし。そもそも不幸せほど難しく感じる必要がない。海で感じるのもいい。友達の家に遊びに行って感じるのもいい。飲み屋で盛り上がりついでに感じるのもいい。「わーい」、「わーい」。気持ちいい。 

 さてさて、「とぅむるま」の著者、月湖さんは本のあとがきでいろんな人に感謝をしています。星野早苗さんに感謝、島田牙城さんに感謝、黄土眠兎さんに感謝、中山奈々さんに感謝、「登場した句を詠まれたみなさんに感謝」、「木綿さんをはじめ「里」のみんなに感謝」。感謝はいいなあ。気楽で手軽で簡単で。憎悪ほど難しくないし。そもそも憎悪ほど難しく伝える必要がない。海で伝えるのもいい。友達の家に遊びに行って伝えるのもいい。飲み屋で盛り上がりついでに伝えるのもいい。「ありがとう」、「ありがとう」。気持ちいい。

 さてさてさて、今日のお昼は気楽で手軽で簡単な冷やし中華を食べることにします。ポロン、ポロン。

 

 

※ (「里」2016 7月号小特集 「とぅむるま」でとぅむるむとぅむるめとぅむるもう 掲載)