rocketsyamada

山田露結ブログ

ごっこ

昨夜ツイッターで四ッ谷龍さんとのやり取りがあったのであらためてここに書いておきますね。

俳句の文化遺産登録への動きについての批判的な発言をブログ、ツイッターなどで目にすることがあるのですが正直そのことの何がどう問題なのか僕にはまったくわからないんですよね。俳句が文化遺産に登録されるなんて恥ずかしいという感情はわからなくもありませんがそれ以外に具体的な問題点がまるで見当たらない。少なくとも僕には。たんなるお祭り騒ぎにしか見えないんですよ。やったらいいじゃないですか。誰も困らない。

このことについて僕は何度となくツイートしてるので興味のある人がいたら僕のツイートを遡ってみて下さい。

僕は今後俳句の文化遺産登録化に対する批判が具体的な動きに発展することはまずないと思いってます。だってそもそも明確な問題点のない感情的な批判だから。

だいたい本当に登録されるのかどうかだってわからないわけで。

この件に関しては僕も多分に感情的になってるわけですが、僕はこういう反体制ごっこ(政治ごっこ?)体質がダメなんですよね。正直、苦手。

本気で反対するなら仲間を集めて具体的に動けばいいし、仲間が集まらなければ一人で動けばいいと思うんですよ。

国政に働きかけるよりはるかにハードルが低いような気がします。

四ッ谷さんの相手は僕じゃなくて四協会ではないですか?

 

 

 

 

広告を非表示にする