rocketsyamada

山田露結ブログ

考える

 

「目がシャンプーに入った」といって小学生の息子が風呂場で泣いていた。「シャンプーが目に入ったんだね」と僕は息子の顔を洗ってあげた。息子の顔を洗いながら僕はこの国の将来について考えていた。

 

考える計りで何もしなかった    山田露結

 

f:id:rockets8:20170529085206p:plain

 

 

広告を非表示にする